ここから本文です

back number、新曲“黒い猫の歌”ミュージックビデオ公開!

RO69(アールオーロック) 7月14日(木)12時0分配信

back numberが、2016年8月1日(月)にデジタルシングルとしてリリースする新曲“黒い猫の歌”のミュージックビデオを公開した。

同曲は、2016年8月6日(土)公開の3DCGアニメ映画『ルドルフとイッパイアッテナ』の主題歌となる。このミュージックビデオは、メンバーの発案により、My Hair is Badの“真赤”やSHE'Sの“Un-science”などを手掛けた脇坂侑希が監督を務めており、数多くのパターンで撮影されたメンバーの演奏シーンと演劇シーンで構成された作品となっている。

“黒い猫の歌”ミュージックビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=DSkQMHEVNv4

このビデオに関して、清水依与吏(Vo. / Gt.)、脇坂侑希がコメントを寄せている。

-------------------------------
【清水依与吏 コメント】
あらためて楽曲の目的・メッセージ・歌詞の持っている意味合いにメンバー含めて向き合って、みんなで“あーしたいこーしたい”と言いあって作ったMVになったんじゃないかなと思っています。

【脇坂侑希 コメント】
誰かと出会う事、誰かともう二度と会えない事、全ては自分とその誰かとの物語で、自分だけの色に見える。

些細な出来事が自分を構成しているのだけど、些細な出来事ってきっと思い出す事もないようなことが多くて、いつか主人公があの日を思い出すときの断片はこんな映像だといいなと思い制作しました。
-------------------------------

リリース情報は以下の通り。

●リリース情報
デジタルシングル『黒い猫の歌』
2016年8月1日(月)配信スタート
※iTunesでプリオーダー受付中

RO69(アールオーロック)

最終更新:7月14日(木)12時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。