ここから本文です

「那智の田楽」奉納 熊野那智大社で例大祭

紀伊民報 7月14日(木)16時45分配信

 和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)で14日、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」が営まれた。午前中には、同じく重要無形民俗文化財でユネスコ無形文化遺産でもある「那智の田楽」が境内で奉納された。

 那智の扇祭りは、年に1度、熊野の神々が12体の扇神輿(みこし)に乗って大社から那智の滝がある飛瀧神社に里帰りをするという神事。

 田楽は五穀豊穣(ほうじょう)を願って奉納される舞のことで、那智の田楽は応永10(1403)年に京都から田楽法師を招いて習ったとされる。

 この日は午前11時半ごろから、氏子たちが華やかな装束を着け、境内の舞台で笛や腰太鼓、編木を奏でながら優雅にリズミカルに舞った。

最終更新:7月14日(木)16時45分

紀伊民報