ここから本文です

全棟に制震システム 秀光ビルド、商品ラインアップ一新

北國新聞社 7/14(木) 2:59配信

 秀光ビルド(加賀市)は15日、商品ラインアップを一新する。価格やタイプごとにあった商品群を5商品に絞り込み、全棟に制震システムや軽量の瓦を標準装備して地震に強い家づくりを進める。商品改定後の価格の上昇幅は1坪当たり7千円ほどに抑え、1棟1千万円を切る水準を維持する。

 商品ラインアップは規格住宅2商品(税別702万円から)、自由設計2商品(同730万円から)、年間の1次エネルギー消費量が差し引きゼロの住宅を指す「ZEH(ゼッチ)」に対応した1商品(同989万円から)に整理する。

 全棟に入れる耐力壁「エクスウオール」は揺れを吸収する制震システムで、振動を受けてもバネのように復元する構造を持つ。軽量の瓦「ルーガ」は重量が陶器の瓦の半分以下で、衝撃に強い。屋根が軽くなると、家全体の重心が低くなるため、揺れる幅が小さくなる効果があるという。

 加えて外壁の継ぎ目などに使用するシーリング材は、汚れやひび割れに強い商品に変更する。16~18日は全国27店で新しいモデルの一斉発表会を開催する。

 本間航也社長は「本来ならもっと価格は上がるが、当社のスケールメリットで値上げ幅を抑え込んだ。地震でも壊れず、安心して住める住宅として広めたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/14(木) 2:59

北國新聞社