ここから本文です

惣菜の需要取り込む 富山でアルビス布瀬店開業

北國新聞社 7/14(木) 2:59配信

 アルビス(射水市)は13日、富山市布瀬町南1丁目で布瀬店を開業し、午前6時のオープンに買い物客約250人が訪れた。炊きたてのご飯を詰めた弁当や温めたスープを提供する総菜中心の店舗で共働き家庭や高齢者、1人暮らしの需要を取り込む。

 布瀬店は敷地面積3958平方メートル、売り場面積829平方メートルで、アルビスとして最小規模の店舗となる。総菜部門は他店より充実させる一方、ほかの商品は売れ筋、高品質のラインアップに絞った。通常の営業時間は午前9時~午後10時。

 アルビスの大森実社長は「普段よりも少しおいしいものを食べたいというニーズを狙う。一番小さいけど一番話題になる店にしたい」と述べた。

北國新聞社

最終更新:7/14(木) 2:59

北國新聞社