ここから本文です

50チームが熱戦火ぶた 高校野球石川大会が開幕

北國新聞社 7/14(木) 15:59配信

 夏の甲子園出場権を争う第98回全国高校野球選手権石川大会は14日、金沢市の県立野球場で開幕した。開会式では51校50チームのナインが闘志に満ちた顔を並べ、志賀・内灘―翠星の1回戦で熱戦の火ぶたが切られた。

 開会式では、石川高専の表千笑(ちえみ)さんと航空石川の平根里奈さんが司会を務めた。昨年の優勝校である遊学館を先頭に、春の県大会(北國新聞社後援)を制した星稜など各チームの選手が小松明峰高吹奏楽部の演奏に乗って力強い足取りをみせた。

 辰巳丘高合唱部の寺山昌旺(まさあき)さんが男性で初めて国歌と大会歌「栄冠は君に輝く」を独唱し、県高野連の宮越雅一会長が「知恵と力とチームワークで目標を達成してほしい」とあいさつした。遊学館の内潟凌太主将が優勝旗を返還し、田中新太郎県教育長らが激励した。

北國新聞社

最終更新:7/14(木) 15:59

北國新聞社