ここから本文です

ユーヴェ移籍のピアニッチ、ピルロとの比較に「同じようにできることを望む」

SOCCER KING 7月14日(木)11時21分配信

 ユヴェントスに加入したボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチが、12日に記者会見に臨んだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などがコメントを伝えた。

 今夏ローマからユヴェントスに移籍することが決まったピアニッチ。背番号はユヴェントスOBで元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏をオマージュした5番になった。

 ピアニッチは会見で以下のように話した。

「(マッシミリアーノ)アッレグリ監督とはいい相互理解ができているよ。僕らは毎日会って話している。少しずつ理解を深めて、ポジションについても話し始めている。いい準備をするためにここに来ている。そして、できるだけ最高のプレシーズンにしようとしているんだ。それぞれの大会でいいスタートが切れるようにね」

「その他すべてのことは、ピッチでプレーする部分にある。僕はクラブとも監督とも議論をしてきた。ユヴェントスへ来る前にもね。僕はクラブの役に立てるよ。ローマでは3枚の中盤でプレーしてきた。足でボールを扱うことに恐れはないし、他の選手とプレーすることも好きだ。監督は僕の性質をよく知っているし、構想するポジションに置くだろう。最もチームに役立つ場所にね」

 また、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ)と比較されていることについても語った。

「アンドレア・ピルロは素晴らしい選手だ。彼がここにいた間、常にセリエAのベストプレーヤーだったね。もちろん、彼はお手本だよ。ただ、僕は彼の試合をコピーすることはしない。監督が求めるような形で、自分のベストを尽くしたい。明らかに、僕と彼は違っている。ピルロは信じられないような選手で、並外れた存在だった。しかし、彼のプレーはすべて過去のことだ。クラブは僕と契約したんだ。なぜなら、僕がとても有用だと考えたからだろう。だから、僕はすべてを尽くして戦い、より強くなって、チームのトッププレーヤーになる。ピッチで価値を証明するよ」

「ピルロと比較されることは明らかに素晴らしいことだ。しかし、僕のやり方は少し違う。彼はとてもテクニカルな選手だった。足元の技術があって、チームのためにとてもうまくプレーしていた。僕は同じようなことができるし、それが実現できることを望んでいるよ」

「(フリーキックについては?)僕はリヨンでスペシャリストであるジュニーニョ・ペルナンブカーノとともにプレーしていた。ただ、いつも言っているけど、誰もが違った足で蹴っているわけだからね。技術も違うのさ。自分には自分の技術がある。それを改善させている。僕はいつも可能な限り危険であろうとしているよ。時に試合を決められるように。なぜなら、ビッグゲームほどセットプレーが重要になるからね。もっとよくなろうとしているよ。常に改善しようとしている。ただ、ユヴェントスにはセットプレーがうまい選手が多いことも知っているよ」

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:7月14日(木)13時48分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]