ここから本文です

ポグバ、カンテの獲得失敗が有力…レアル、次の狙いは仏代表シソコか

SOCCER KING 7月14日(木)12時27分配信

 レアル・マドリードが、ニューカッスルに所属するフランス代表MFムサ・シソコの獲得を検討しているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が12日に報じている。

 レアル・マドリードは今夏の移籍市場で、ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバやレスターの同MFエンゴロ・カンテへの関心を報じられていたが、前者の獲得レースからは撤退、後者についてはチェルシー移籍が有力と見られている。

 ポグバとカンテの獲得失敗が有力となったレアル・マドリード。次のターゲットも両選手と同じフランス代表のMFとなるようだ。報道によると、同クラブはシソコを獲得候補に挙げ、加入の可能性を探っているという。

 ニューカッスルはシソコの移籍金を4000万ユーロ(約46億5000万円)に設定しているが、レアル・マドリードは満額を支払う意向はない模様。交渉難航が予想されるが、ニューカッスルが新シーズンをチャンピオンシップ(2部)で戦うという事情が、レアル・マドリード側に有利に働く可能性も報じられている。

 報道によると、シソコに対してはレスターやマンチェスター・Uも関心を示している模様。現在26歳の同選手は2013年からニューカッスルに所属し、2015-16シーズンはプレミアリーグ全38試合中37試合に出場して1ゴールを記録している。ユーロ2016ではフランス代表の一員として全7試合中6試合に出場した。

SOCCER KING

最終更新:7月14日(木)12時37分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報