ここから本文です

テロ頻発を懸念…酒井高徳所属のHSV、監督慣例の冬季合宿地を変更へ

SOCCER KING 7月14日(木)15時33分配信

 日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVが、予定していた冬の合宿地を変更するつもりだという。

 ハンブルガーSVを率いるブルーノ・ラッバディア監督は、かねてから冬の合宿地にトルコを選ぶことが多く、これまでに指揮していたレヴァークーゼンやシュトゥットガルトでも同様に、冬季合宿は同国で行うことが慣例だった。その理由についてラッバディア監督は、温暖な気候、芝生の状態が良いこと、練習試合の相手が多いことなどを挙げていた。

 しかし近年トルコでは自爆テロ事件が頻発。今年に入ってからも増加の一途を辿っており、ドイツ紙『ビルト』の報道によれば、同クラブは次回の冬季合宿地をスペインやポルトガル、ドバイなどに変更する予定だという。

 ハンブルガーSVのマーケティング担当取締役を務めるヨアヒム・ヒルケ氏は同紙の取材に対し、「その通りだ。我々はプランを変えるつもりであり、現在は他の可能性を探っているところだ」と回答している。

SOCCER KING

最終更新:7月14日(木)16時4分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]