ここから本文です

南野所属のザルツブルクが前代未聞のミス…CL予選で誤ったエンブレムのユニ着用

SOCCER KING 7月14日(木)17時44分配信

 リオデジャネイロ・オリンピック日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクが、前代未聞のミスを犯してしまった。

 昨シーズンのオーストリア王者であるザルツブルクは、12日にチャンピオンズリーグの予備予選2回戦に登場し、ラトビアのリエパーヤ・ラトルルグスと戦った。

 スタディオン・ザルツブルクで行われたファーストレグは、ジョナタン・ソリアーノの得点で1-0とザルツブルクが勝利。南野はベンチ外となり出場機会がなかったのだが、この試合であってはならない出来事が起きてしまった。

 ドイツ『Sky Sports』によれば、同試合でDFアンドレアス・ウルマーが着用していたユニフォームの左胸に縫い付けられていたエンブレムは、ザルツブルクのものではなくライプツィヒのものであったという。

 今シーズン、ブンデスリーガに初昇格を果たしたライプツィヒは、ザルツブルク同様にレッドブル社がサポートするサッカークラブ。

 両者は、エンブレムからユニフォームにいたるまであらゆるものが似ているため、サプライヤー側が誤ってライプツィヒのエンブレムを付けてしまったようだ。いくら同じ資本を持つクラブとはいえ、これは絶対にあってはならないミスである。

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:7月14日(木)18時36分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報