ここから本文です

ユーロMVPのグリエスマン、PSGからのオファー拒否…今夏は残留へ

SOCCER KING 7月14日(木)18時33分配信

 アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンがパリ・サンジェルマンから正式オファーを受け取っていたことが明らかになった。13日付のスペイン紙『マルカ』などが報じている。

 先日閉幕したユーロ2016で6ゴール2アシストを記録したグリエスマン。フランス代表の準優勝に大きく貢献した同選手は、大会MVPと得点王であるゴールデンブーツ賞の個人2冠に輝いた。

 同紙によると、この活躍を受けてグリエスマンに母国フランスのパリ・サンジェルマンから正式オファーが届いていた模様。同選手の代理人を務めるエリック・オラツ氏はフランスメディア『RMCスポーツ』に対し、「パリ・サンジェルマンからオファーがあった」とその存在をはっきりと認めた。

 オラツ氏はさらに、「他にもアプローチはある」とパリ・サンジェルマン以外にもグリエスマンに関心を示すクラブがあることを明かした。その上で、「僕は彼が来シーズン、100パーセントの確率でアトレティコに残り続けることを確信しているよ」とコメント。今夏にグリエスマンが移籍する可能性は無いとの見解を示した。

 2015-16シーズンはチャンピオンズリーグ決勝でもレアル・マドリードに敗れるなどタイトルにあと一歩届かなかったグリエスマン。現在は2021年6月30日までアトレティコ・マドリードと契約を結んでいるが、今後の展開はどうなるのか。注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:7月14日(木)18時51分

SOCCER KING