ここから本文です

前線補強を目指すアトレティコ、ガメイロ獲得へ迫る…バルサも関心

SOCCER KING 7月14日(木)19時36分配信

 アトレティコ・マドリードがセビージャに所属するフランス人FWケヴィン・ガメイロの獲得に迫っている。13日付のフランス紙『レキップ』などが伝えた。

 同紙によると、アトレティコ・マドリードはガメイロの代理人と約2週間前から交渉を行っている模様。そして12日の交渉で両者は新たな局面に突入したと報じられ、アトレティコ・マドリードが獲得に迫っているようだ。

 アトレティコ・マドリードは今夏、前線の補強を画策。日本代表DF長友佑都のインテルでキャプテンを務めるアルゼンチン人FWマウロ・イカルディや、ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインらに関心を示していた。しかしスムーズな交渉が進まず、ここにきてガメイロへ方針転換したようだ。

 現在29歳のガメイロは母国フランスのクラブを渡り歩き、2013年夏にパリ・サンジェルマンからセビージャへ移籍。これまでリーガ・エスパニョーラの3シーズンで92試合に出場し39得点をマークした。

 スペインで実績のあるガメイロに対してはバルセロナも興味を示していると報道されていた。今後争奪戦が展開されるのか。ガメイロの去就から目が離せない。

SOCCER KING

最終更新:7月14日(木)19時36分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]