ここから本文です

後半から出場で大逆転演出の俊輔を指揮官も絶賛「すべての面で変わった」

ゲキサカ 7月14日(木)7時10分配信

[7.13 J1第2ステージ第3節 横浜FM3-2神戸 ニッパツ]

 文字どおり流れを一変させた。横浜F・マリノスは0-1で折り返した後半開始からMF中村俊輔を投入。両足首痛から復帰した前節・福岡戦(3-0)同様、途中出場となった背番号10がチームを大逆転に導いた。

 後半10分に2点目を失うも、直後の後半12分、中村のサイドチェンジからMF齋藤学が右足で左クロスを上げ、FWカイケが追撃ヘッド。1点を返すと、その後も猛攻を仕掛け、後半37分、中村の右クロスからPKを獲得した。

 PKのキッカーを務めた中村は一度は蹴り直しになりながら2度目のキックも冷静に沈め、2-2の同点。「追いつけば雰囲気もこちらに傾くのは分かっていた」という言葉どおり、後半アディショナルタイムのMFマルティノスの勝ち越しゴールにつながった。

 これにはエリク・モンバエルツ監督も「(中村)俊輔が入ったことで、すべての面でまったく違う内容に変わった」と称賛を惜しまない。神戸のネルシーニョ監督は「後半、相手は中村が入ってきて、選手の動き出しが変わった」と指摘したうえで、後半19分からMF三原雅俊を投入して3ボランチに変更。「それが解決策だったが、チームとして対応できなかった。彼は自由に動いて攻撃を組み立てる。どこにいてもハードなマークが必要だが、ルーズにしてしまった」と脱帽していた。

最終更新:7月14日(木)7時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。