ここから本文です

元フランス代表プティ氏、高騰するポグバの移籍金は…「金の無駄」

ゲキサカ 7月14日(木)12時40分配信

 かつてアーセナルやチェルシーに所属していた元フランス代表のエマニュエル・プティ氏(45)が高騰するMFポール・ポグバの移籍金を「金の無駄」と言い切った。『ヤフー・スポーツ』のインタビューで語った内容を英『ミラー』が伝えた。

 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で11年にトップ昇格も出場機会を求めてユベントスに移籍したポグバ。移籍初年度からユベントスの連覇に貢献するなど、今ではユベントスに欠かせない選手へ成長を遂げた。

 そのため、現在では1億ポンド(約138億9000万円)もの値がつけられており、ユナイテッドが獲得に乗り出していると報じられている。

 元フランス代表のレジェンドは「彼の移籍金は1億ポンドだと言われている。自分から見たら金の無駄としか思えない」と言い、「ポグバは確かに将来性のある選手だ。だけど、今回の移籍は彼にとって早過ぎる」と加熱する報道や高騰する移籍金をけん制した。

「彼を取り巻く状況がいつも気に入らないんだよ。みんな、彼のことをビッグスターのように扱うだろ? だけど、自分から見たら彼は別にビッグスターというわけじゃないんだ」

「彼はまだ欧州チャンピオンズリーグ(CL)のレベルにも到達していないし、代表で満足にプレーできるレベルにも至っていない。将来的にはできるだろうけど、今は彼にとってまだ早すぎる」

 ポグバの“将来性”を認めつつも、「報道でも常に彼のことが取り上げられている。だけどまだ実力は充分じゃない。今のところ、彼の実力についてはあまり納得がいっていない」とプティ氏は自論を展開した。

最終更新:7月14日(木)12時43分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]