ここから本文です

ラームは新加入レナト・サンチェスに好印象「会うのが楽しみ」

ゲキサカ 7月14日(木)19時46分配信

 バイエルンの主将DFフィリップ・ラームは新加入のポルトガル代表MFレナト・サンチェス(18)に大きな期待を寄せているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

 EURO2016開幕前にベンフィカからバイエルンへの移籍が決定していたレナト・サンチェス。本大会が始まると、10代とは思えないプレーを見せ、試合ごとに注目度を高めていった。ポーランド代表との準々決勝では18歳317日でゴールを決め、EURO史上3番目の年少得点を記録。フランス代表との決勝にも先発出場したレナト・サンチェスは、18歳328日で決勝の最年少出場記録も更新し、ポルトガルの初優勝に大きく貢献した。決勝後には、今大会から新設された最優秀若手選手賞にも選出されている。

 クラブ公式サイトによると、ラームはまだレナト・サンチェスに会ったことがなく、同選手がトレーニングに合流するのは約3週間後だという。しかし、バイエルンの主将はEUROでブレイクしたレナト・サンチェスの実力をすでに認めている。「彼には才能がある。そうでなければ、ポルトガル代表としてあれほどの役割は果たせなかっただろう。彼が来るのを楽しみにしているよ」と対面を心待ちにしている様子だ。

最終更新:7月14日(木)19時51分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]