ここから本文です

北九州の主将DF前田が計3試合の出場停止…退場の際に主審に侮辱的行為

ゲキサカ 7月14日(木)20時15分配信

 Jリーグは14日、10日に行われたJ2第22節のレノファ山口FC戦で起きた行為により、ギラヴァンツ北九州の主将DF前田和哉に2試合の出場停止処分を新たに科すことを発表した。1試合2枚の警告による退場処分と合わせ、3試合の出場停止となる。

 Jリーグ規律委員会によると、前田は同試合で主審から1試合2枚の警告による退場を命じられたが、2枚目のイエローカードを提示された際の主審の判定に不服があり、フィールドの外に出る際、主審に対して侮辱的な行為を行ったという。

 これを日本サッカー協会の競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、「主審および副審に対する侮辱または公然の名誉毀損行為」に相当すると判断し、2試合の出場停止処分が科されることとなった。

 今回の処分の対象試合は、20日のJ2第24節ザスパクサツ群馬戦と24日のJ2第25節横浜FC戦。なお、16日のJ2第23節松本山雅FC戦は1試合2枚の警告による退場処分での出場停止となる。

最終更新:7月14日(木)20時15分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]