ここから本文です

全日本大学選抜、U-19全日本大学選抜、関東大学選抜による合同選考会実施!強化の側面も…

ゲキサカ 7月14日(木)22時1分配信

 全日本大学サッカー連盟は今月16日から17日にかけて、全日本大学選抜、U-19全日本大学選抜、関東大学選抜による合同選考会を実施すると発表した。選考会は3チームによる試合形式で行われる。

 今回のような合同選考会は大学サッカーにおいては初の試み。各選抜チームの選考を兼ねているだけでなく、各地域の有望選手が一同に介して試合形式を行うなかでの“強化”の側面も持つという。

 選考会後の活動として、全日本大学選抜は、8月6日から8月14日にかけて行われる第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント(総理大臣杯)の終了後、8月下旬に海外遠征を実施予定。今回の選考会や総理大臣杯でのプレーも加味したなかで、遠征メンバーを選んでいくようだ。

 また2020年の東京五輪世代にあたるU-19全日本大学選抜についても、夏以降に強化へ向けての具体的な活動がある見込み。

 16日の選考会は中央大学多摩キャンパスサッカー場で行われ、17日は拓殖大八王子国際キャンパスサッカー場で実施。両日ともに3チームが総当りでゲーム形式の選考会に臨む。

最終更新:7月14日(木)22時6分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。