ここから本文です

細田守「時をかける少女」の10周年記念Blu-ray BOX発売決定

映画ナタリー 7月15日(金)0時0分配信

細田守が監督を務めた長編アニメーション「時をかける少女」の公開10周年を記念し、同作のBlu-ray BOXが11月25日に発売されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

BOXは本編ディスク1枚と特典ディスク2枚で構成。本編の映像は細田自身が手がけたデジタルニューマスター仕様となり、音声も高音質マスタリング技術によってオリジナルマスターのクオリティが忠実に再現されている。

特典ディスクは、関係者による証言集や細田による演出解説、完成披露試写会の舞台裏映像など、2007年に発売された限定版DVDに収められていた200分を超える映像特典をBlu-ray画質で収録。本日7月15日に東京・東京国立博物館で行われる本作のトークイベント付き野外上映会の模様を収録した映像が、新規特典として追加される。さらに、背景美術や原画、設定資料などが収録されたスペシャルブックレットも同梱。

なお本作は、7月18日から29日まで東京・角川シネマ新宿にてリバイバル上映されることが決定しており、先着入場者には数量限定の特製ポートレートが配布される。上映時間や料金などの詳細については劇場の公式サイトで確認を。



(c)「時をかける少女」製作委員会 2006

最終更新:7月15日(金)0時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。