ここから本文です

弥生会計が「弥生」である理由とは?

ITmedia PC USER 7月15日(金)6時10分配信

 なぜその名前がついたのか、ITニャンコ隊がブランド名や社名の由来を調べて紹介する“由来探訪記”。

【ITニャンコ隊が「弥生」の由来を調べてきたニャ】

 今回は会計ソフト「弥生会計」で有名な“弥生株式会社”の社名由来を紹介します。

 会計ソフトにも同じ名前が付けられている「弥生(旧暦3月のこと)」ですが、なぜこの社名になったのか、由来はご存じでしょうか?

 3月31日は、多くの企業が決算日を迎える日です。よって、会計や経理などの業務の区切りとしても大事な日なのです。

 弥生は旧暦の3月のこと。弥生会計のメインユーザーは中小企業で、決算月が3月に集中していることから「中小企業の経理を楽にしたい」という思いで命名されました。

 次回もブランド名や社名の由来を紹介するので、お楽しみに!

最終更新:7月15日(金)6時10分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]