ここから本文です

映画「イタキス」は11月25日公開!佐藤寛太&美沙玲奈の胸キュン特報も完成

映画.com 7月15日(金)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 大ヒット少女漫画「イタズラなKiss」を初めて映画化した「イタズラなKiss THE MOVIE Part1 ハイスクール編」が11月25日に公開されることが決定し、あわせて特報とポスタービジュアルが公開された。

【動画】「イタズラなKiss THE MOVIE Part1 ハイスクール編」特報

 累計発行部数が3500万部を突破した故多田かおる氏の人気ラブコメ漫画を、劇団EXILEの佐藤寛太と新星・美沙玲奈の主演で映画化。万年落ちこぼれクラスの高校3年生の相原琴子(美沙)は、入学式の時に一目ぼれした超絶イケメンかつIQ200の天才・入江直樹(佐藤)への2年越しの思いを告白。鮮やかにふられるが、ある事件をきっかけに一つ屋根の下で家族ぐるみの共同生活が始まるというストーリーだ。溝口稔が監督・脚本を務める映画では、多田氏の未発表のプロットも含めた物語が展開される。

 特報では、嫌味なほど完璧だが無愛想な入江と、表情がくるくる変わり元気一杯な琴子、対照的な2人のやりとりが軽快に映し出される。琴子は「同居は内緒、学校では他人、常に3メートル離れる」と一方的に約束させられたうえ、「頭の悪い女は嫌いなんだ」と言い放たれる。それでも、一途に入江を思う健気な笑顔を、「Hapiness」が本作のために書き下ろした主題歌「Always」が彩る。

 映画初主演の佐藤&美沙に加え、琴子の父親役の陣内孝則、入江の両親役の石塚英彦と石田ひかりが脇を固める。入江と琴子をとりまく個性豊かな仲間たちには、山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生とフレッシュな顔ぶれがそろい、日本だけでなく、アジアを中心に世界でも愛される乙女のバイブルをスクリーンに描き出す。

 「イタズラなKiss THE MOVIE Part1 ハイスクール編」は、11月25日から東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国公開。

最終更新:7月15日(金)6時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。