ここから本文です

現代自動車「i30」 豪で上半期販売トップ

聯合ニュース 7月15日(金)9時14分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車のハッチバック「i30」がオーストラリアで、上半期(1~6月)の販売首位を記録した。韓国車では初めて。

 オーストラリア連邦自動車産業会議所(FCAI)は15日までに、i30の1~6月の販売台数を2万1171台と集計した。前年同期に比べ45%増加した。5月まではトヨタ自動車のピックアップトラック「ハイラックス」を下回っていたが、6月に単月で過去最高を記録し上半期首位に立った。

 ハイラックスに次いで、トヨタ「カローラ」、マツダ「Mazda3」(アクセラ)の順。

 現代はまた、今年オーストラリアに投入した小型スポーツ多目的車(SUV)「ツーソン」が9609台と、SUV部門3位につけた。「アクセント」の販売台数は8358台を記録し、小型車で首位だった。

 これらの善戦を追い風に、現代全体の販売は前年同期比8.5%増の5万44350台と、ブランド別で3位となった。

 同社関係者は「この勢いが続けば、通年では3年連続で10万台を突破し、過去最多実績を達成することも可能だ」と述べた。

最終更新:7月15日(金)9時16分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。