ここから本文です

フィンエアー、長距離全路線に機内Wi-Fi 17年5月

Aviation Wire 7月15日(金)16時16分配信

 フィンエアー(FIN/AY)は、2017年5月をめどにすべての長距離路線で無線LAN(Wi-Fi)による機内インターネット接続サービスを導入する。

 現在運航中のエアバスA350-900型機に続き、今年10月からはA330-300への導入を開始。米パナソニックアビオニクスのサービスを採用し、「Kuバンド」での接続を導入する。

 ビジネスクラス利用者と同社マイレージプログラム「フィンエアープラス」の上級会員は、無料で利用できる。エコノミークラスでは1時間あたり5ユーロ(約600円)、1フライト15ユーロで利用できる。

 フィンエアーの長距離路線用機材はすべてエアバス機で、6月末現在A350-900を6機、A330-300を8機、A340-300を5機保有している。

Yusuke KOHASE

最終更新:7月15日(金)16時16分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]