ここから本文です

川柳灯籠飾り始まる 射水・中新湊商店街

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月15日(金)12時2分配信

 射水市中新湊商店街の夏の恒例行事「川柳灯籠飾り」が14日、始まった。世相をチクリと刺したりくすっと笑わせたりする川柳の秀作を記した灯籠やあんどんが、商店街を彩っている。8月16日まで。

 万葉線中新湊駅から北側に約350メートルにわたって延びる商店街の店主らでつくる商店街振興組合(西谷義人理事長)が、2002年から実施。ことしは全国約30都道府県から798句が寄せられた。

 地元に伝わる曳(ひき)山(やま)や1月に公開された新湊が舞台の映画「人生の約束」、オリンピックなどをテーマに、ユーモアたっぷりに世相を映した句がそろった。

 入選作8句を大型あんどん4基に、優秀作56句を灯籠28個に書いた。あんどんは道路脇に設置し、灯籠は街灯につり下げた。北日本新聞社協賛。

 ◇入選作▽射水市長賞「悠久の 平和祈って 提灯山」(射水市・湊輝男)▽射水市議会議長賞「婚活で 私の財布が 枯渇した」(射水市・神島紗織)▽射水商工会議所会頭賞「虎の子が 大きくなれぬ ゼロ金利」(富山市・江尻美智代)▽新湊信用金庫理事長賞「『オレ出とる』 映画をみると 頭だけ」(射水市・寺井彰)▽北日本新聞社長賞「給料を 自分で上げる 良い身分」(南砺市・野原外喜男)「お・も・て・な・し 血税ムダに や・り・な・お・し」(福岡県・濱常治)▽中新湊商店街理事長賞「政治資金 まぜるな危険 公と私と」(新潟県・逸見修)「治療費は ジカで請求 蚊季五輪」(愛知県・猪口和則)

最終更新:7月15日(金)12時2分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ