ここから本文です

ドラクエ「伝説のロト装備」が神田明神でお清め、堀井雄二も出席

インサイド 7月15日(金)12時42分配信

「ドラゴンクエストミュージアム」で展示される予定の「伝説のロト装備」のお清めが、東京都千代田区の神田明神にて行われました。

【関連画像】

「ドラゴンクエストミュージアム」は7月24日に東京都渋谷ヒカリエにて開催予定の企画展。『ドラゴンクエスト』シリーズの30周年を記念して開催されるイベントで、「新たなドラゴンクエストの世界」をテーマに、『I』から『X』までの世界観を完全オリジナル制作物で再現しています。

そのなかでも「伝説のロト装備」は、本物の鍛冶職人の手によって制作された1/1スケールで、ミュージアムの目玉となっています。

今回神田明神にて行われたお清めでは、ご社殿に完成した「ロトの装備」が設置され、神職の方が祝詞を奏上し、荘厳な雰囲気のなか『ドラゴンクエスト』生みの親である堀井雄二さんも出席して、ご祈祷が行われました。


ロトの装備のお清めを終えた堀井さんは、「こんなにカッコよく出来上がるとは思いませんでした。近くで見ると、特別な力が宿った迫力を感じます。」とコメント。最後に装備とツーショットで写真撮影を行いました。

この「伝説のロト装備」は、いよいよ7月24日に開幕となる「ドラゴンクエストミュージアム」で展示されます。

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserve

最終更新:7月15日(金)12時42分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。