ここから本文です

執念の増量を経た松ケン初映像!『聖の青春』初日が11月に決定

シネマトゥデイ 7月15日(金)8時0分配信

 松山ケンイチが大幅な増量など執念の役作りを経て、29歳の若さで亡くなった伝説の棋士・村山聖(さとし)さんにふんした映画『聖の青春』の初日が11月19日に決定し、特報が公開となった。同作は「東の羽生、西の村山」と称され、天才棋士・羽生善治とライバル関係にあった村山さんの青春をつづった大崎善生のノンフィクション小説に基づくもので、病と闘いながら将棋に人生を捧げた村山さんの短くも激しい生きざまに肉迫する。

【動画】まるで別人!驚愕の増量を経た松山ケンイチの衝撃映像

 公開された特報映像は、最大の見せ場でもある東出昌大演じる羽生との対局シーンからスタート。一歩も引かないといった感でにらみ合う2人の鬼気迫る表情に一気に引き込まれ、ある日は対局中に倒れ、ある日は病室のベッドで苦悶の表情を浮かべる村山さんに成り切った松ケンの姿にはこみ上げるものがある。

 1分に満たないわずかなシーンながら、勝つことに人生を捧げた村山さんの孤高のカリスマ性を精神面&肉体面の両面から体現した松山の気迫が伝わってくる本作。村山さんを支えた師匠・森信雄役にリリー・フランキー、 弟弟子・江川役に染谷将太がふんするほか、竹下景子、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆ら実力派が脇を固め、村山さんをめぐる師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情といった青春群像を展開する。(編集部・石井百合子)

映画『聖の青春』は11月19日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開

最終更新:7月15日(金)8時0分

シネマトゥデイ