ここから本文です

ミラクル・リナックス、企業向けシステムバックアップ製品の最新版

BCN 7月15日(金)15時28分配信

 ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、企業向けシステムバックアップ・ソフトウェアの最新版「MIRACLE System Savior Version 3(MSS V3)」を7月21日に発売する。

 「MSS」は、複雑化する企業ITシステムのバックアップで必要となる機能を実装したオフラインのシステムバックアップソフト。中小企業から大企業まで、サーバー規模が大きい企業でもシンプル・確実にシステムをバックアップすることができる。また、システムバックアップ作業時にオフラインにデータを保管しておくことで、ランサムウェアに感染したときには、MSSでバックアップを取得したシステムイメージからシステム復旧することできる。

 今回の最新版では、ベースとなるLinux OSが「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」となったほか、新たに最新のインテル Xeonプロセッサ E5-2600 v4シリーズを搭載した「HPE ProLiant Gen9」サーバーの新モデルと「Dell PowerEdge」サーバーに対応し、対応機種の幅を広げている。また、Hyper-V第2世代仮想マシンのバックアップ/リストアに対応するとともに、Red Hat Enterprise Linux 7以降のext4ファイルシステムに対応したほか、V3R2以降で特定パーティションを除外したバックアップ機能に対応する予定。

 税別価格は7万8000円から。

最終更新:7月15日(金)15時28分

BCN