ここから本文です

【ベトナム】鳥取県企業が商談会、カニなど売り込み

NNA 7月15日(金)8時30分配信

 ホーチミン市1区で13~14日、鳥取県などの6社が参加する食品関連の商談会が開催された。日本食レストランなどへの輸出市場開拓に向け、県名産のカニやかまぼこ、和牛などを売り込んだ。
 商談会は鳥取県が後援した。企画したエムケイ開発(鳥取県伯耆町)の河上貴一社長によれば、鳥取県の支援を受けた食品の商談会は、ベトナムでは初めてとなる。
 千代むすび酒造(同境港市)は、大吟醸の日本酒などを現地の飲食店関係者らに振る舞った。同社の営業企画部長の佐野直氏は、「コクのある味わいの酒がベトナム人の味覚に合うようだ」と手応えを感じている。来越は3年ぶりだが、「日本食レストランのメニューも充実してきた。いずれはシンガポールや香港のように日本酒の人気が出る」とみており、競争が激化しないうちに販路を開拓する意向だ。
 加工食品の越河(同米子市)は、カニみそや冷凍のカニグラタンなどの輸出を狙う。越河貴文社長によれば、台湾やタイなどには出荷の実績があるが、ベトナムは未開拓。「まずは輸入代理店を見つけたい」と意気込む。
 河上社長によれば、出展各社は2日目までに見積もり依頼などを受けた。ベトナムでビジネスに結びつけるには、関税に加えて「煩雑な通関手続きも課題」だという。

最終更新:7月15日(金)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。