ここから本文です

アカデミー賞外国語映画賞ノミネートのコロンビア映画、モノクロで神秘的な予告完成

映画.com 7月15日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 第88回アカデミー賞で、外国語映画賞にノミネートされた初のコロンビア映画「El abrazo de la serpiente(Embrace of the Serpent)」が、「彷徨える河」の邦題で10月に劇場公開されることになり、予告編が完成した。

【動画】「彷徨える河」予告編

 コロンビアの俊英シーロ・ゲーラ監督が、20世紀前半にアマゾンを訪れた白人探検家の手記にインスパイアされ、モノクロの美しい映像で失われつつある先住民の文明を描き出す。2015年のカンヌ国際映画祭監督週間で最高賞を受賞し、フランスではロングランヒットを記録した。

 シャーマンのカラマカテは、滅ぼされた部族の生き残りとしてアマゾン奥深くで孤独に過ごしていた。重い病に侵されたドイツ人民族学者との出会いなどを経験するが、長い時の中で孤独のため記憶や感情を失ってしまう。しかし、アメリカ人植物学者が幻の植物ヤクルナを求めやってきたことから、旅立ちを決意する。

 予告編は、失われたカラマカテの記憶を軸に過去と現在が交錯し、先住民族の文明、闇の奥に潜む狂気が映し出される。さらに、モノクロの映像で見せる光と影によって、ジャングルの神秘が浮き彫りになっていく。

 「彷徨える河」は、10月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開。

最終更新:7月15日(金)12時0分

映画.com