ここから本文です

木村カエラ、アルバム『PUNKY』10月リリース。新アー写は“顔にスタッズ(鋲)”

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月15日(金)7時48分配信

豚耳に豚鼻を付けたボディソープCM(クラシエ ナイーブ)出演や、全編カエラの声を多重録音してサウンドを作り上げたサッポロ 麦とホップ プラチナクリアのCM出演(ハリセンボン近藤春菜の完コピバージョンも話題)、渋谷パルコ“Last Dance_”キャンペーンビジュアルなど話題の尽きない木村カエラ。

【詳細】他の写真はこちら

音楽活動としても、秋公開の映画「バースデーカード」へ主題歌の書き下ろしや、新曲のミュージックビデオがMicrosoftとコラボレーションするなど、精力的な活動を続けている。

そんな木村カエラが、10月19日にニューアルバム『PUNKY』をリリースすることが決定。2014年12月17日に発売されたアルバム『MIETA』以来、1年10ヵ月ぶりのアルバムとなり、多くのタイアップ楽曲が収録される。

タイトル『PUNKY』とは文字どおり“パンク”的なという意味に加え、火口のような/火照ったという意味もあり、このアルバムでは“自ら光を発するもの”という意味と、“パンク”的なというダブルミーニングとなっている。

またパンキーという語感が持つ意味合いとして、本格的なパンクではなく、可愛らしさも含まれており、新ビジュアルで表現されている。

顔に、スタッズと呼ばれる鋲を付けた、何ともパンキーなアーティスト写真は、アルバムタイトル『PUNKY』からイメージされたもので、スタッズ(鋲)が顔に付けられている一方で、着ているシャツはピンク色の花柄という、全体の印象は本格的なパンクというよりは、可愛い木村カエラらしい写真となった。

なお木村カエラは、2015年12月25日に東京・昭和女子大学人見記念講堂にて開催された、キャリア初となるクリスマスライブの音源、全19曲の配信販売をスタート。こちらはウィンターソングを中心に、ストリングス7名を含む大編成のスペシャルなアレンジで披露された貴重なライブ音源となる。

今回のライブ録音ではバイノーラルマイクを使った臨場感溢れる音像が実現されており、ライブに来た人も、来られなかった人もライブの感動を追体験できるサウンドとなっている。ハイレゾ音源も同時配信されており、こちらも必聴だ。

また、アルバム『PUNKY』のフラゲ日(入荷日10月18日)を皮切りに、全国ツアー『KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017』の開催も決定。10月18日からは全国ライブハウスツアー『STUDS TOUR supported by クラシエ naive』がスタートし、年をまたいで2017年1月28日からは全国ホールツアー『DIAMOND TOUR』がスタートする。詳細はオフィシャルサイトまで。

リリース情報
2016.07.13 ON SALE
DIGITAL ALBUM「KAELA present『CHRISTMAS~Say ho-ho- ho!!~』」

2016.07.13 ON SALE
DIGITAL SINGLE「恋煩いの豚」

2016.07.13 ON SALE
DIGITAL SINGLE「BOX」

2016.10.19 ON SALE
ALBUM『PUNKY』

木村カエラ OFFICIAL WEBSITE
http://www.kaela-web.com/

最終更新:7月15日(金)7時48分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。