ここから本文です

【フィリピン】家電コンセプション、買収に100億ペソ用意

NNA 7月15日(金)8時30分配信

 フィリピンの家電大手コンセプション・インダストリアル(CIC)は、事業拡大のため今後5年間で最大100億ペソ(約222億円)を投じ、国内家電企業の買収を進める計画だ。ラウル・コンセプション最高経営者(CEO)が13日、年次株主総会後の記者会見で明らかにした。同社は翌14日、フィリピン証券取引所(PSE)への報告で、地元紙マニラブレティンの報道を事実と認めた。
 CICは、2020年までに収益を500億ペソに引き上げる目標を掲げている。コンセプションCEOは、達成するためには年平均の成長率を25%から30~35%に加速させる必要があるものの、既存事業の拡大だけでは難しいとして、買収の意欲を表明。既に数社と協議していることを明らかにした。
 同社では現在、工場の生産能力が限界に近づいており、一部の工場の稼働率は120%に達している。収益目標の達成に向けて、買収のほか生産力増強も進める方針で、20年までに年1億5,000万~2億ペソの設備投資を行う計画だ。

最終更新:7月15日(金)8時30分

NNA