ここから本文です

母となったナタリー・ポートマンが馬に乗り銃をかまえる「ジェーン」予告編&ポスター完成

映画.com 7月15日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース]オスカー女優ナタリー・ポートマンが主演・製作を務め、ユアン・マクレガーと共演する西部劇「ジェーン」の予告編と、凛々しい表情のポートマンが印象的なポスターが完成した。私生活でも母親となったポートマンが、家族を守ろうと奮闘する強い女性を体現する。

【動画】「ジェーン」予告編

 映画は、家族を守るために戦うことを決意した女性が、迫り来る敵を前に、過ぎ去った愛を追憶する本格ロマンスペクタクル。南北戦争直後、ジェーン(ポートマン)は西部の荒野で夫と娘と静かに暮らしていたが、ある日、夫が悪名高きジョン・ビショップ(マクレガー)に銃で撃たれ、瀕死の状態に陥る。ジェーンは、夫と娘を守るため、わらにもすがる思いでかつての恋人ダンに助けを求める。

 このほど公開された予告編では、家族を守ろうと必死になるジェーンの姿が映し出される。はじめはビショップに付け狙われ怯えるものの、次第に自らを奮い立たせ「もう逃げない」と応戦する意思を見せる。馬を乗りこなし、銃をかまえ、少女だった頃の自分と決別する姿が、母としての強さを感じさせる仕上がりとなっている。

 「ジェーン」は、ギャビン・オコナー(「ウォーリアー」「プライド&グローリー」)がメガホンをとり、ポートマン、マクレガーとジョエル・エドガートン、ノア・エメリッヒらが共演する。10月22日から、東京・新宿ピカデリーほか全国公開。

最終更新:7月15日(金)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。