ここから本文です

アインシュタインが愛用していた革ジャンが約15万ドルで落札 ロンドンのオークションで

ねとらぼ 7月15日(金)8時10分配信

 相対性理論などで知られる理論物理学者、アインシュタインの愛用していた革ジャンが、ロンドンで開催されたオークションで落札されました。価格は約15万ドル(約1570万円)。

【懐中時計も年季入ってます】

 1935年頃に製造されたリーバイ・ストラウス社のコサックジャケット。ナチスの迫害を逃れ、ドイツからアメリカへと渡ったアインシュタインが、1930年代後半によく着用していたもの。同僚だったレオポルト・インフェルトによれば、当時、同氏は持ち物を減らそうと努めており、コート代わりにもしていたそうです。

 また、アインシュタインの所持していた懐中時計、子どもの頃に遊んでいた積み木もオークションにかけられ、それぞれ約35万ドル(約3600万円)、約8万ドル(約840万円)で販売されることに。3点の合計価格を日本円に換算すると、約6000万円。さすがは天才科学者、プレミアが付きますねえ~。

最終更新:7月15日(金)8時10分

ねとらぼ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。