ここから本文です

<中川家>名古屋・大須演芸場で漫才「力入る」 「笑う大須演芸場」第2弾放送

まんたんウェブ 7月15日(金)15時14分配信

 お笑いコンビ「中川家」の剛さんと礼二さんがMCを務める漫才番組「笑う大須演芸場~2カ月連続!夏のネタ祭SP~」(テレビ愛知)が16日と8月27日に放送される。このほど2015年9月にリニューアルオープンした名古屋・大須の寄席「大須演芸場」で公開収録が行われ、「中川家」も漫才を披露。収録後、礼二さんは「こういう寄席は漫才をやりやすい。雰囲気もええし。よう笑ってくれる」と振り返り、剛さんの「お客さんの顔が近いから全体が見える」という言葉に「だからこそ力が入る」と手応えを語った。

【写真特集】大須演芸場に中川家! 収録の様子

 同番組は、大須演芸場のリニューアルオープンを記念し、昨年12月に第1回が放送された。「ネタをじっくり魅せる」をコンセプトに、同演芸場で公開収録を行っている。第2弾となる今回は、中川家のほか、2丁拳銃、トータルテンボス、スリムクラブ、チーモンチョーチュウ、学天即(がくてんそく)など11組が出演し、その模様を2回にわたって放送する。また愛知県蒲郡市在住の寄席文字職人、橘右太治さんが寄席文字について語るほか、中川家、トータルテンボス、相席スタートのトークコーナーもある。

 今回の出演者で「笑った芸人」を聞かれると、礼二さんは「(スリムクラブの)内間(政成さん)かな。あいつはどこに行っても変わらないペースがいいね」とコメント。剛さんも「本来は間を埋めたくなるんだけど、内間君は『黙っとけ』言うたら、ずっと黙って立ってるんやないかな。ホンマ面白い!」と絶賛していた。放送はテレビ愛知で16日午後3時からと8月27日午後2時から。

最終更新:7月15日(金)17時12分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。