ここから本文です

【中継録画】第155回 芥川・直木賞、受賞者の記者会見

THE PAGE 7/19(火) 11:59配信

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=tg1AhSi2wok
 日本文学振興会は19日夜、第155回芥川賞・直木賞の受賞作を発表しました。芥川賞は村田沙耶香さんの『コンビニ人間』、直木賞は荻原浩さんの『海の見える理髪店』が受賞しました。

THE PAGEでは午後8時半から受賞者による記者会見の模様を生中継しました。

 各賞の候補作は以下の通り。

【第155回芥川龍之介賞候補作家(平成28年上半期)】

今村夏子『あひる』(たべるのがおそい)
高橋弘希『短冊流し』(新潮1月号)
崔 実『ジニのパズル』(群像6月号)
村田沙耶香『コンビニ人間』(文學界6月号)
山崎ナオコーラ『美しい距離』(文學界3月号)

【第155回直木三十五賞候補作家(平成28年上半期)】

伊東潤『天下人の茶』(文藝春秋)
荻原浩『海の見える理髪店』(集英社)
門井慶喜『家康、江戸を建てる』(祥伝社)
原田マハ『暗幕のゲルニカ』(新潮社)
湊かなえ『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(光文社)
米澤穂信『真実の10メートル手前』(東京創元社)

最終更新:7/19(火) 21:17

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。