ここから本文です

リヴァプール、アイブ&シュクルテルが移籍

ISM 7月15日(金)10時34分配信

 リヴァプールは現地時間14日、MFジョーダン・アイブ(20)がボーンマス(以上イングランド)へ、DFマルティン・シュクルテル(31)がフェネルバフチェ(トルコ)へ移籍したことを発表した。

 2011年にリヴァプールのアカデミーに入団したアイブは、13年に17歳の若さでトップチームデビュー。その後期限付き移籍を経て15年にリヴァプールへ復帰したが、昨季はユルゲン・クロップ監督のもとでレギュラーポジションを手にすることはできず。同チームでは通算で公式戦58試合に出場し、4得点を記録した。移籍金は公表されていないが、英メディアは1500万ポンド(約21億円)と伝えている。

 シュクルテルは2008年1月に、ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)からリヴァプールへ移籍。在籍8年半で公式戦320試合に出場し、18ゴールをマークした。昨季はDFデヤン・ロヴレン、ママドゥ・サコの控えに甘んじたことに加え、今季はジョエル・マティプが加入したこともあり、熾烈なポジション争いが予想されていた。移籍金は500万ポンド(約7億円)と報じられている。(STATS-AP)

最終更新:7月15日(金)10時35分

ISM

スポーツナビ サッカー情報