ここから本文です

「3月のライオン」BUMP OF CHICKENが新曲書き下ろし!2度目のコラボ

シネマトゥデイ 7月15日(金)10時51分配信

 羽海野チカの将棋界を舞台にした人気コミックをテレビアニメ化する「3月のライオン」(今秋よりNHK総合にてスタート)のオープニングテーマが、BUMP OF CHICKEN が書き下ろした新曲に決定した。

【画像】実写映画版のキャストはこの人たち!

 「3月のライオン」と BUMP OF CHICKEN の縁は、2014年11月にさかのぼる。お互いをクリエイターとしてリスペクトしていた両者のコラボレーションとして、BUMP OF CHICKEN は「3月のライオン」と呼応した楽曲「ファイター」を書き下ろし、それを聴いた羽海野チカが「3月のライオン」前日譚ともいえるスピンオフ漫画を描き下ろすという前代未聞の試みが行われた。

 そして今回のテレビアニメ化が決まった際、原作に対してこの上ない愛情で応えた BUMP OF CHICKEN に対し、オープニングテーマを手掛けてほしいと製作陣が熱望し、2度目のコラボがかなったという。エンディングテーマには、2014年のコラボソング「ファイター」を使用する。

 BUMP OF CHICKEN も2度目のコラボに大喜びで、「羽海野チカ先生の素敵な画がアニメではどのように表現されるのかということや、また今まで文字で読んでいた名ゼリフの数々を実際に耳で聴けるということなどが、今からとても楽しみです。放送開始が待ち遠しいです」とコメントを寄せている。

 「3月のライオン」は、幼い頃に事故で家族を失い、心に深い孤独を背負う17歳のプロ将棋棋士・桐山零を主人公にした物語。東京の下町に1人で暮らす零は、あかり・ひなた・モモの3姉妹と出会い、少しずつ変わり始めていく……。神木隆之介主演で実写映画化も決まっており、こちらは2017年春に前編・後編2部作で公開される。(編集部・市川遥)

最終更新:7月15日(金)10時51分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。