ここから本文です

森田遥 次週の20歳を前に「考えていない」こととは?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月15日(金)17時44分配信

茨城県のイーグルポイントGCで開幕した国内女子ツアー「サマンサタバサレディス」初日、4バーディ、1ボギーの「69」でプレーした森田遥が3アンダーの首位タイでスタートした。

まもなく20歳!森田遥のフォトギャラリー

次第に雨足が強まる中、アウトから出た森田は、3番(パー5)で残り85ydの第3打を50度のウェッジでピン右手前約2.5mに寄せて、バーディを先行。4番ではピン奥約5mのフックラインを読み切って2連続とした。「流れが良い、ボギーを打たないゴルフができた」と、後半の上がり2ホールで再び2連続バーディを決め、リーダーボードの最上位に名を連ねた。

「先週の悔しさが残っている。それが今週の一番のパワー」。好発進の原動力となったのは、前週、北海道で行われた「ニッポンハムレディスクラシック」での敗戦だ。最終日に首位と1打差に迫った最終18番(パー5)、バーディを獲ればプレーオフに持ち込める状況で、第3打をグリーン奥のラフにチャンスを逃した。

プレー中も「あのときの18番の状況が浮かんでくる」と、ずっと引きずっている悔しさがこの日のモチベーションになった。「先週の悔しさを晴らしたいのと、後悔しないようなプレーがしたい」と気迫がこもった。

中国出身の両親を持つが、日本で育った森田は次週19日に20歳の誕生日を迎える。以前は成人時点で日本への帰化も考えていると話していたが、「今の時点では、考えていない」という。今シーズンは国内ツアーに全力で臨むと力を込めた。「国籍を自分で選べるくらいの力をつけることが先決」。4年後、8年後…。五輪で『母国』を背負う場面を視野に入れ、熟考する。(茨城県阿見町/糸井順子)

最終更新:7月15日(金)17時44分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]