ここから本文です

ドラマ「ふたがしら2」大森南朋が2つの名前を持つキャラで登場、コメントも

コミックナタリー 7月15日(金)8時0分配信

オノ・ナツメ原作の「連続ドラマW ふたがしら2」に大森南朋が出演。畷安房守蔵人(なわてあわのかみくらんど)と蔵蔵(くらぞう)という、2つの名前を持ったキャラクターを演じる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

大森演じる畷安房守蔵人は、火付盗賊改方長官という役どころ。昼間は町人姿で蔵蔵と名乗り、賭場に顔を出している。そこで弁蔵と出会い意気投合するが、甚三郎とつるみ何かを企んでいるようで……。大森からは出演にあたりコメントも到着している。また壱師の仲間・芳役には渋川清彦、吉原の遊女役には吉倉あおいが決定。そのほか出演者として山田純大、北村有起哉、矢島健一も名を連ねた。さらに前作に引き続き田口浩正、芦名星、橋本じゅん、品川徹らキャストも登場する。

「ふたがしら」は江戸時代を舞台に、盗賊の赤目一味から抜けた男2人の旅を描く活劇。2015年6月に放送されたテレビドラマの第2弾となる今作では、前回と同じく、明るく豪快な弁蔵役を松山ケンイチが、頭脳明晰でクールな宗次役を早乙女太一が続投する。監督は「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」などで知られる入江悠、脚本は劇団☆新感線の中島かずき。WOWOWプライムにて、9月17日からの毎週土曜22時より、全5話がオンエアされる。

大森南朋コメント
「連続ドラマW ふたがしら2」へのご出演が決まった感想
入江監督からお誘いをいただき、前作を拝見しました。ロードムービーの様で、楽しみながら拝見出来ました。今回も楽しみにしておりましたし、物語の展開が激しいのが多いので、台本を読ませていただいた時、セリフの分量に度肝を抜かれました。監督と衣装合わせの時に、「セリフは少し減りますか?」と聞いてみました(笑)

二面性を持ったご自身の役について
台本を読んで覚え始めたりしていた頃はどのように演じようかと思っていました。色々と試してみましたが極端に何かを変えようとか、そこまで作りこむことはしないで、もちろん風貌も変わりますし演出やその場の雰囲気など、相手役でもそのような所が変わってきているとは思います。遊び人の蔵蔵の時は笑顔を出したり、弁蔵とつるんでいる時は、本当に素直に楽しんでいる風に出せればいいかなと思い演じました。

本作の見どころ
現場でここまでの量の血のりと格闘したことは、今回が初めてでした。もちろん血のりの経験はあるのですが、ここまで噴き出すのは、近年稀にみる量だと思います。自分はいちドラマファン、映画ファンとして、どうなっているのか見てみたいです。これからご覧になる方も、血のりの噴き出すシーンは必見です。是非、楽しんでご覧いただければ幸いです。

「連続ドラマW ふたがしら2」
原作:オノ・ナツメ「ふたがしら」(小学館 IKKI COMIX刊)監督:入江悠、吉田亮脚本:中島かずき音楽:SOIL & "PIMP" SESSIONS(Victor Entertainment)出演:松山ケンイチ、早乙女太一、成宮寛貴、菜々緒、田口浩正、芦名星、渋川清彦、吉倉あおい、山田純大、北村有起哉、橋本じゅん、矢島健一、品川徹、大森南朋

(c)オノ・ナツメ/小学館 (c)2016WOWOW/ホリプロ

最終更新:7月15日(金)8時0分

コミックナタリー