ここから本文です

宮野真守、初の劇場アニメ主題歌!『亜人』最終章

シネマトゥデイ 7月15日(金)11時25分配信

 人気声優の宮野真守が、桜井画門による人気コミックをアニメーション化した劇場版3部作の最終章『亜人 -衝戟-』の主題歌を担当することが明らかになった。宮野が劇場アニメで主題歌を担当するのは本作が初。

『亜人』最後の戦い!劇場アニメ3部作 第3部『亜人 -衝戟-』フォトギャラリー

 『亜人』劇場版3部作で主人公・永井圭の声を担当し続けた宮野。それだけにシリーズの最後を飾る作品で、主題歌を担当できることに感極まるところもあるようで、宮野は「亜人シリーズのクライマックスで、この様な機会をいただき、感無量です」とコメント。続けて「圭として生きてきた僕だからこそ書ける想いを、歌詞に込めました。死ねない亜人である圭の生き様、覚悟、願い…劇場版最終章と共に、この歌『The Birth』からも感じていただけたらと思います」と語っている。

 また今回の発表に併せて、映画の本予告も公開。予告では宮野の新曲「The Birth」が流れる中、不死の高校生、テロリスト、日本政府による、壮絶な三つ巴の戦いの終結を予感させる激しいバトルシーンが繰り広げられる。総監督・監督を務めるのは、共に前2作を指揮した、瀬下寛之総監督と安藤裕章監督。声優陣には宮野のほか、細谷佳正、福山潤、大塚芳忠、平川大輔、櫻井孝宏、小松未可子、木下浩之、鈴村健一、森川智之、坂本真綾、洲崎綾、斉藤壮馬らが集結している。(編集部・井本早紀)

劇場アニメ3部作 第3部『亜人 -衝戟-』は9月23日より全国公開

最終更新:7月15日(金)11時25分

シネマトゥデイ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。