ここから本文です

トム・ペティのマッドクラッチ、ショーン・ペン&アンソニー・ホプキンスとコラボ

BARKS 7月18日(月)15時44分配信

5月にセカンド・アルバム『2』をリリースしたトム・ペティのサイド・プロジェクト、マッドクラッチが木曜日(7月14日)、俳優のショーン・ペン、アンソニー・ホプキンスとコラボしたミュージック・ビデオを公開した。

◆ミュージック・ビデオ

曲は『2』に収録される「I Forgive It All」で、ビデオはペンが、オジー・オズボーンの「Mama, I’m Coming Home」、デヴィッド・ボウイの「The Hearts Filthy Lesson」、マリリン・マンソン、ガービッジ、グリーン・デイらのミュージック・ビデオを手掛けてきたSamuel Bayerと共同監督、ホプキンスが出演している。

ペティが70年代初めにトム・リードン(G)と結成したマッドクラッチは、当時は短命に終わったが、2007年に活動を再開し、結成後35年以上を経てようやく1stアルバム『Mudcrutch』をリリース。2016年5月に2ndを発表した。2枚とも全米チャートのトップ10に入る成功を収めた。

Ako Suzuki

最終更新:7月18日(月)15時44分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。