ここから本文です

チェルシーのコンテ新監督、「パッションを選手やファンに伝えたい」

ISM 7月15日(金)11時48分配信

 現地時間14日、チェルシー(イングランド)のアントニオ・コンテ新監督が記者会見に臨んだ。昨季プレミアリーグで10位に終わったチームを再建し、タイトルレースに参戦する使命を託された同監督は、自身のパッションを選手やファンに伝えたいと語っている。

 イタリア代表を率いて臨んだEURO2016から12日、チェルシーの新指揮官として「スタンフォード・ブリッジ」に立ったコンテ監督は、「チェルシーはチャンピオンズリーグ(以下CL)に出場すべきチーム。我々はそこにいなければいけない」と、来季のCL出場権獲得が叶う順位でシーズンを終えることを目標に掲げた。

 同監督は「我々は少し過小評価されており、あまり注目されないかもしれない」と、チェルシーは優勝候補とみなされないだろうとコメント。それでも「ここには小さな炎がちかちかと瞬いており、それがやがて大きな炎となって燃え上がることを願っている」と、意欲を示した。

 熱血漢で知られるコンテ監督は、タッチライン際ですべてのボールを蹴り返さんばかりの勢いでチームを絶え間なく鼓舞する。昨季のチェルシーの選手たちは、ジョゼ・モウリーニョ元監督のもとモチベーションが低下しているように見えたこともあった。しかしコンテ体制でそれが繰り返されることはないだろう。

 コンテ監督は「私にはパッションがある。そのパッションを選手やファンにも伝えたい。私が試合中に悩む姿を選手に見てもらいたい。最後に勝利を収める習慣を選手につけさせるため、私は全力で戦う。これは大きな挑戦だ」と語っている。

 同監督はまた、DFジョン・テリー(35)を「素晴らしい人物」「彼にアドバイスを求めたい」と述べ、引き続き主将を務めてほしいと明言している。(STATS-AP)

最終更新:7月15日(金)11時48分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。