ここから本文です

卒業発表したSKE48柴田阿弥が後輩メンバーに“アイドル道”を説く魂の講義

リアルライブ 7月15日(金)14時31分配信

 CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」で放送中の『SKE48 ZERO POSITION』。7月16日(土)の放送では、8月末にグループを卒業することを発表している柴田阿弥が登場。番組初出演の7期生メンバー8人を相手に、自作の教科書を使って特別講義を行う。

 “SKE48の中でも手の内を明かさない”と自称する柴田が若手メンバーに伝授するのは、アイドルとしての心得とテクニック。6年間のアイドル活動で培った経験が存分に詰まった実践的な講義が展開される。

 1時間目のテーマは「劇場公演」。若手メンバーにとっては活動の中心である日々の公演を、更なるアピールの場に変えるため、パフォーマンスや表情が目を引く先輩になりきって踊ることをレクチャーする柴田。手本として、AKB48柏木由紀のダンスを真似してみせる。生徒役の浅井裕華は尊敬する須田亜香里を、高畑結希はなんと本人の目の前で柴田のものまねにチャレンジ。2人の特徴を捉えたダンスに柴田も思わず笑ってしまう。

 2時間目のテーマは「握手会」。“お父さん目線のファン”と“ガチ恋のファン”への対応の違いといったディープなテーマに切り込むほか、握手会での私服選びの極意をイラストで説明。7期生メンバーが絶賛する“阿弥先生”の講義をお見逃しなく。さらに、8月13日(土)の放送では特別講義の後半戦をお届け。“ロビー活動”など、さらに実践的なレッスンが展開されていく。

最終更新:7月15日(金)14時31分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。