ここから本文です

浅野 本拠地で有終惜別弾決めるぞ

東スポWeb 7月15日(金)10時0分配信

 リオデジャネイロ五輪代表FW浅野拓磨(21=広島)が有終の美を飾る惜別弾への意欲を語った。13日の柏戦に先発出場したものの、2本のシュートがゴールバーに阻まれて無得点。3―3で引き分けた試合後は「決定的なチャンスがあったんで決めてチームの力にならないと…。申し訳なかった」と反省の弁を繰り返した。

 一方で、世界の舞台に挑む準備も着々と進んでいる。厚みを増した上半身に、チーム関係者も「パワーアップしていると思いますよ」とニヤリ。浅野は負傷した3月以降、世界基準の体づくりに取り組み、毎日1時間30分~2時間にも及ぶ体幹トレーニングを実施してきた。その成果が表れてきたようだ。

 本拠地での横浜M戦(17日)が国内ラストゲーム。浅野は「勝って終わりたいし、絶対に自分がゴールを決めないといけない」と語気を強めた。しっかりと結果を残しリオ五輪と、厳しい定位置争いの待つ新天地に旅立つつもりだ。

最終更新:7月15日(金)10時18分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]