ここから本文です

バナナマンが永作博美が宮野真守が個性豊かな“ペット”に!日本語吹き替え版本予告解禁

映画.com 7月15日(金)15時0分配信

 [映画.com ニュース] 「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンタテインメントとユニバーサル・スタジオが再タッグを組んだ長編アニメーション「ペット」の日本語吹き替え版の本予告が、公開された。

ニューヨークを舞台に大冒険が始まる!「ペット」日本語吹き替え版本予告はこちら!

 ニューヨークを舞台に、個性あふれるペットたちが飼い主の留守中に大冒険を繰り広げるさまを描く。全米では、オリジナルアニメーション作品として史上最高のオープニング成績となる興行収入約1億435万ドルを記録し、首位デビューを飾った。

 日本語吹き替え版ではお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統が雑種犬の主人公マックス、日村勇紀が大型犬のデュークを演じるほか、佐藤栞里(飼い主ケイティ役)、永作博美(猫のクロエ役)、宮野真守(タカのタイベリアス役)、梶裕貴(モルモットのノーマン役)、沢城みゆき(ポメラニアンのギジェット役)、銀河万丈(バセットハウンドの老犬・ポップス役)、山寺宏一(野良猫のスフィンクス・オゾン役)、中尾隆聖(人間を敵視するウサギ・スノーボール役)といったバラエティ豊かな顔ぶれが集まった。

 本予告では、マックスとケイティの出会いから現在に至るまでを描きながら、保健所の職員に野良犬と間違われて捕獲されてしまったマックスとデュークが、ひょんなことからスノーボールの怒りを買い、配下の動物たちに追い回される様子を切り取っている。下水道を走り回るマックスとデュークのスピード感あふれるアクションシーンや、2匹を探すギジェットたちのダイナミックな捜索シーンなど、大スケールを感じさせるシーンの数々が収められている。全編にわたってイルミネーション・エンターテインメントらしいカラフルな色使いも堪能できる。

 「ペット」は、「ミニオンズ」シリーズ最新作となる短編アニメーション「ミニオンズ アルバイト大作戦」と同時上映で8月11日から全国公開。

最終更新:7月15日(金)15時0分

映画.com