ここから本文です

【DEEP】王者・大塚隆史が初回TKO勝ちデビューのモンゴル戦士を迎撃

イーファイト 7月15日(金)18時35分配信

 8月27日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP 77 IMPACT』と『DEEP JEWELS 13』の合同興行の追加対戦カードが発表された。

【フォト】レスリング仕込みの鋭いタックルを決める大塚

 DEEPバンタム級王者・大塚隆史(おおつか・たかふみ/AACC)の参戦が決定。今年3月にTKO勝利でDEEPデビューを飾ったバータル・アズジャブハラン(モンゴル/CORE)と対戦する。

 大塚はレスリング仕込みの鋭いタックルを武器に、長年DEEPを主戦場に活躍している。2009年8月に三島☆ド根性ノ助を破り、DEEPフェザー級王座を獲得。翌年の初防衛戦に敗れて同王座から陥落するも、2011年6月に今度はバンタム級王者に輝き、2階級制覇を達成した。

 しかし、2012年2月に迎えたバンタム級王座の初防衛戦で前田吉朗に一本負け。王座陥落となったが、2014年4月に大沢ケンジとの王者決定戦を制し、再び王座に返り咲いた。その後、昨年5月には大塚にとって鬼門であった初防衛戦にも勝利。前回2月の試合でも、持ち前のタックルの強さを見せつけて白星を飾り、好調を維持する。
 
 対するアズジャブハランも大塚と同じくレスリングをバックボーンとしており、モンゴル選手権準優勝、アジア選手権3位などの実績を誇る。また、MMAではモンゴルのトーナメント『MGL-1』で準優勝している。

 DEEPには今年3月の奄美大会で初参戦。1R4分2秒でTKO勝ちを収め、初陣を飾った。その後、日本を主戦場とすべく、現在の所属先であるCORE王子豊島に移籍。前回5月の大会では小野隆史(GRABAKA)との対戦が決まっていたが、アズジャブハランが体調を崩したため試合中止に。今回がDEEPで2戦目となる。

 ともにレスリング出身の両者の対決は、激しい組み技の攻防が期待できる好カード。王者・大塚が連勝を飾るか。それとも、蒙古戦士アズジャブハランが王者を喰ってしまうのか。

<追加対戦カード>

▼バンタム級(61.2kg以下) 
大塚隆史(AACC/DEEPバンタム級王者、元DEEPフェザー級王者)
vs
バータル・アズジャブハラン(モンゴル/CORE)

最終更新:7月15日(金)18時35分

イーファイト