ここから本文です

スボティッチ、ボロと3年契約で合意か 英紙「800万ポンドで加入」

ISM 7月15日(金)14時58分配信

 今季からイングランド・プレミアリーグを戦うミドルズブラが、ドルトムント(ドイツ)からDFニーヴェン・スボティッチ(27)を獲得することで、合意に達したようだ。現地時間14日付の英タブロイド紙『デイリー・ミラー』(電子版)が伝えている。

 同紙によれば、スボティッチとミドルズブラは3年契約に合意。現時点でクラブ側の公式発表はないが、移籍金は800万ポンド(約11億円)とされ、労働許可証の取得を待つ状況だという。

 また、昨季サウザンプトン(イングランド)を去ってからフリーとなっていたウルグアイ代表MFガストン・ラミレス(25)とも契約合意に至ったとのこと。同選手は期限付き移籍でミドルズブラに所属していた昨季、2部で18試合に出場、7ゴールを挙げて昇格に大きく貢献していた。同選手も労働許可が下りるのを待って正式契約となる。

 “ボロ”の愛称で親しまれるミドルズブラは、トップリーグでの戦いに向けて着々と補強を行なっており、GKビクトル・バルデスなど5選手を新たに加えている。

最終更新:7月15日(金)14時58分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。