ここから本文です

16年のトレンドは“働きやすく、おいしい”オフィス

ITmedia ビジネスオンライン 7月15日(金)8時10分配信

 ビジネスパーソンの一生の労働時間は、約8万時間といわれている。なんと人生のおよそ6分の1を、大半の人がオフィスで過ごしているのだ。オフィスにいなくても働きやすくするためにはどうすればいいのか、あるいは、オフィスでの時間をどうすれば有意義で過ごしやすいものにできるのか……頭を悩ませている人も多いのでは。

【“働きやすいオフィス”の写真を見る】

 働きやすくするためのサービスや技術は進歩している。その進化が一堂に会するのが、7月13日から15日にかけての3日間、東京ビッグサイトで開催されている「第11回 総務・人事・経理ワールド2016」(リード エグジビション ジャパン)。オフィス環境や働き方、業務の効率化や採用支援などのサービスや技術がズラリと並んだ展示会だ。

 「オフィスセキュリティ」「オフィス防災」「省エネ・節電」「オフィスサービス」「HR」「ワークスタイル変革」「会計・財務」の7つのエキスポが同時に開催。出展社数は合計710社、来場者数は3日間で4万5000人を見込む。会場での商談金額はなんと300億円。オフィスに関する問題を抱えている担当者がこの展示会に来れば、解決策が得られるかも――といった、大規模で幅広い商談展となっている。

 会場内を歩いていると、「日本の働き方」には2つの潮流があると分かってくる。

 1つは「リモートワーク」。オフィスにいなくても活躍できる仕組みを提案するもので、“クラウド”“テレワーク”といった言葉が並ぶ。現状、子育て中の女性社員における導入例が多いが、介護問題の解決策としても期待できる。

 そしてもう1つは「オフィス環境の充実」。リモートワークは一時期業界全体のブームになったが、現在は「リモートワークを導入したのはいいものの、組織のチーム力が弱くなってしまった……」と新たな悩みを抱える企業も増えてきているのだとか。環境を向上させることで、オフィス自体を働きやすいものにするという考え方だ。

 どのようにオフィスを改善していくのか? 詳しく見ていこう。

“既製品”で作り上げるオフィス

 コクヨが提案するのは、既製品のオフィス家具を組み合わせた空間づくり「DAYS OFFICE」。オシャレなカウンターやリフレッシュスペースを、4時間ほどの作業時間で作り上げることができるのだという。食品はコンビニを運営する企業と、植物は都内では青山フラワーショップと、それぞれ提携して提供するワンストップサービスだ。

 “1坪から導入できる”を売り文句にするプラスの「5 TSUBO CAFE」は、オフィスの一角でのカフェスペース作りを提案する。人が集まる空間を作り上げることで、社内での雑談が増え、コミュニケーションが盛んになることを狙う。

喫煙者にも居場所を

 喫煙者の中には「どんどん肩身が狭くなってきた……」と思っている人も多いのでは。社内が全面禁煙になり、駐車場の一角に追いやられている――といったケースも少なくない(何を隠そう、弊社アイティメディアでも前オフィスではそうだった)。

 JT(日本たばこ産業)は、分煙コンサルティングを行っている。最大6人を収容できるブース式の喫煙ルームは、わざわざ喫煙室を作る必要がないので導入がしやすいのをウリにしている。

社内をカフェに

 “激戦区”なのが社内用のドリンクサービス。カフェに行かなくても、おいしいコーヒーを社内で飲めるようになることを目指し、各企業がさまざまなドリンクディスペンサーのラインアップを強化している。

おいしいランチで超回復

 “お昼に何を食べるか”は、ビジネスパーソンの命題だ。ワオの「社食DELI」は、有名飲食店と提携し、200ブランド3000種類の弁当からニーズにあった商品を届けてくれる販売サービス。既に5000万食以上を売り上げている。

 レパストは、体重計で有名なタニタとコラボ。健康的な定食メニューを社員食堂で提供する。

 有名飲食チェーンの塚田農場も、塚田農場プラスという社名で2年前から弁当ビジネスに参戦。塚田農場での調理ノウハウなどを生かし、新木場の工場で生産している。

 オフィスレイアウト、たばこ、ドリンクにフード……“8万時間”をよりよいものにするために、さまざまなサービスが生まれ、進化しているのだ。

最終更新:7月15日(金)8時10分

ITmedia ビジネスオンライン