ここから本文です

日産の米国SUV、パスファインダー に2017年型…表情一新

レスポンス 7月15日(金)12時15分配信

日産自動車の米国法人、北米日産は7月7日、現行『パスファインダー』に初の大幅改良を施した2017年モデルを発表した。

画像:日産パスファインダー の2017年型

初代パスファインダーは、1986年にデビュー。『テラノ』の北米・中東向け仕様が、パスファインダーを名乗った。現行型は4代目。2012年8月、米国で発表された。

現行型のデビューから4年を経て登場したのが、2017年モデル。デビュー以来、初となる大幅改良を受けて、商品力を引き上げている。

外観は、前後マスクを変更。とくにフロントは、Vモーショングリルをはじめ、新デザインのLEDヘッドライトやLEDデイタイムランニングライトで、表情を変えた。

3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンも改良。最大出力は260hpから284hpへ、最大トルクは33.2kgmから35.8kgmへ引き上げられた。直噴化や圧縮比の変更も受けている。

室内は、センターコンソールのデザインを変更。メタリックおよびウッドのトリムパネルをはじめ、シート素材の見直しにより、質感を高めている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月15日(金)12時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]