ここから本文です

【予告編】“悪”のダニエル・ラドクリフが本領発揮!?『グランド・イリュージョン』最新作

cinemacafe.net 7月15日(金)18時30分配信

華麗なイリュージョンで不正に搾取された金を奪い、世間に還元する4人のイリュージョニスト集団を描く『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』。このたび、ジェシー・アイゼンバーグをはじめ、マーク・ラファロ、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンら登場人物たちが勢ぞろいする本ポスターとともに、“悪役”ダニエル・ラドクリフの凶悪過ぎる一面が明らかになる予告編が解禁となった。

【画像】雨を静止させるジェシー・アイゼンバーグ

“正義”のイリュージョニスト集団“フォー・ホースメン”を務めるのは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で悪役を演じたジェシーに、ウディ・ハレルソン、デイヴ・フランコ、さらにリジー・キャプランが加わった。本作では、ニューオーリンズ、マカオ、ロンドンと世界を股に掛けたロケによる壮大な映像に加え、ラストには予測不可能な驚愕の大どんでん返しが待ち受けるという。

到着したポスターは、今回、悪の天才科学者にしてフォー・ホースメンを追い詰めるダニエル・ラドクリフを中心に、主要な登場人物が勢ぞろい。なぜ悪役である彼が中心にいるのか? 不穏な笑顔を浮かべるその姿とこの構図には何か仕掛けがあるのか、映画のストーリーが気にならずにはいられないビジュアルとなっている。

そして、新たに届いた予告映像では、悪の天才科学者・ウォルターとして登場するダニエルの凶悪過ぎる姿が明らかになる。フォー・ホースメンを拉致することに成功したウォルターは、にこやかな表情で彼らに盗みを働くよう命令する。それは世界中のあらゆるシステムにアクセス可能なコンピューター・チップ。ところが、「やるわけない」と彼らに拒絶されるや、一瞬で笑顔をなくし、真顔で「やらないなら殺す」というセリフを口にする。その狂気の科学者の姿には、誰もが驚かされるはずだ。


常にホースメンの一手先を行き、追い詰めていくウォルター。それに対し、ホースメンが仕掛ける、ロンドンを乗っ取っての一発逆転の大勝負とは? 登場人物たちの思惑が入り乱れながら進んでいく映像からは、物語の展開にも驚愕の“イリュージョン”が秘められていることを感じさせる。

また、本映像の見どころは、大勢の観客の目の前で降り注ぐ雨を静止させるフォー・ホースメンのリーダー、アトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)の姿に始まり、これでもかと展開される目を疑うようなイリュージョンの数々。本作を監修した世界的マジシャン、デヴィット・カッパーフィールドは、「これらのトリックは全て現実の世界で実現可能なものだ」と明かしている。

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』は9月1日(木)より全国にて公開。

最終更新:7月15日(金)18時37分

cinemacafe.net