ここから本文です

Serph、新曲含むベスト盤『PLUS ULTRA』をリリース 草野マサムネらがコメント

CDジャーナル 7月15日(金)16時34分配信

 昨年リリースの目下最新オリジナル・アルバム『Hyperion Suites』が好評を博している音楽家・Serphが、初のベスト・アルバム『PLUS ULTRA -updated best collection-』(NBL-218 2,200円 + 税)を7月15日(金)にリリース。SoundCloud(soundcloud.com/noble_label/sets/serph-plus-ultra)にて試聴が実施されているほか、YouTube(youtu.be/S4TYELJzTqI)では収録曲「feather(overdrive version)」のミュージック・ビデオも公開中。

 これまでに発表された作品の中から代表曲を自身がブラッシュアップし、新曲2曲を加えた全13曲入りとなっている『PLUS ULTRA』発売に合わせて特設サイト(www.noble-label.net/serph-pu)も開設されており、草野マサムネ(スピッツ)、細美武士(the HIATUS, MONOEYES)、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、yumi(lyrical school)といった面々からコメントが寄せられています。なおMV「feather(overdrive version)」は、リリースに先駆けて開催されたMVコンテストにてグランプリを獲得した“大谷たらふ”による作品となっています。

最終更新:7月15日(金)16時34分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。