ここから本文です

韓国競泳、リオ五輪代表選手8人が最終確定…“土下座”朴泰桓も

WoW!Korea 7月15日(金)11時6分配信

リオデジャネイロオリンピックに出場する競泳韓国代表8人が最終確定した。大韓水泳連盟は去る9日、男子3人女子5人の代表選手リストを公開した。

パク・テファンの紹介と写真

 男子部からは自由形100、200、400、1500メートルでA基準記録を通過したパク・テファン(朴泰桓、26)のほか、チェ・ギュウン(26、国軍体育部隊)とウォン・ヨンジュン(18、全南水泳連盟)が名を挙げた。

 女子部からはアン・セヒョン(20、SKテレコム、バタフライ100・200)、ペク・スヨン(25、光州市体育会、平泳ぎ200)、キム・ソヨン(22、慶北(キョンブク)道庁、個人メドレー200)、ナム・ユソン(31、光州市体育会、個人メドレー200)、パク・ジンヨン(19、大田市(テジョンシ)施設管理公団、バタフライ200)が出場する。

 彼らは4月におこなわれた東亜大会でFINAが定めた五輪A基準を通過し、リオ出場権を獲得した。

最終更新:7月15日(金)11時6分

WoW!Korea